ページの先頭です

このページは、ホームの中の医療従事者向け情報の中の学会発表のページです。

学会発表

※当ページは医療従事者の方を対象として作成しております。

学会等で発表された各種臨床試験のご紹介です。

排便コントロール不良患者にビフィズス菌含有食品を使用した症例の検討(PDF:978KB)

福井県 福井大学医学部附属病院
栄養部 間脇瞳 北山富士子 立平宏美
消化器外科 片山寛次

  • 第23回福井県栄養管理研究会(2009)

IFN治療時におけるBCAA含有食品の長期摂取により栄養改善が認められたC型慢性肝炎患者の1症例(PDF:1,072KB)

愛知県 衆済会 増子記念病院 肝臓内科 ○堀田直樹 増子和郎
肝臓内科 ○堀田直樹 増子和郎
看護部 関山ゆかり 蛭牟田秀子
臨床栄養課 大矢愛 朝倉洋平 工藤由美
地域連携室 青木美典

  • 第13回日本病態栄養学会年次学術集会(2010)

長期療養型施設における糖尿病経管患者の栄養管理について-食物繊維強化糖尿病用流動食を用いた多施設共同研究-(PDF:1,356KB)

千葉県 総泉病院 ○高野 喜久雄 押尾 秀美
東京都 永生病院 安藤 高朗 山崎浩
神奈川県 湘南長寿園病院 松川フレディ 瀬戸静子
埼玉県 富家病院 富家隆樹 小林由美子

  • 第52回日本糖尿病学会年次学術集会(2009)

C型慢性肝炎例に対するPE-IFN+RBV併用療法時の分岐鎖アミノ酸含有流動食を利用した栄養管理(PDF:859KB)

岡山県 倉敷成人病センター 肝臓病治療センター ○西 玉枝 久保木真
埼玉県 獨協医科大学 越谷病院 消化器内科 鈴木 壱知 栄養部 菅原 美和
三重県 三重大学 大学院 消化器内科学  岩佐 元雄 栄養管理部 岩田 加壽子

  • 第13回日本病態栄養学会年次学術集会(2010)

糖尿病用経腸栄養剤の投与により血糖コントロールが改善した2症例(PDF:1,604KB)

広島県 啓卯会 村上記念病院 栄養科1)、内科2)○枽田亜由美1)、川上志帆1)、前濱梨絵1)、山辺瑞穂2)

  • 第12回日本臨床栄養学会年次学術集会(2009)

MASTEL5000長期投与による栄養状態と消化器症状に関する検討(PDF:992KB)

北海道 さっぽろ慈啓会 慈啓会病院 垣内 英樹 中村聡子、東出俊之、川原田信

  • 第6回北海道胃瘻研究会(2008)
  • 第24回日本静脈経腸栄養学会(2009)

高たんぱく質・高ナトリウム流動食PRONAによる栄養管理の有用性に関する検討(PDF:1,328KB)

栃木県 博愛会 菅間記念病院・東北大学 消化器外科学分野 鈴木正徳
栃木県 博愛会 菅間記念病院  竹内丙牛、菅間恒
宮城県 東北大学 消化器外科学分野 海野 倫明

  • 第30回日本臨床栄養学会総会・第29回日本臨床栄養協会総会(2008)
  • 第24回日本静脈経腸栄養学会(2009)

エンジョイプロテインFeZの使用経験(PDF:742KB)

茨城県 桜水会 筑波病院 院長 福田潔

  • 第9回日本褥瘡学会学術集会(2008)

胃食道逆流現象の簡易検出と抑制への取り組み(PDF:1,829KB)

富山県 藤和会 砺波サンシャイン病院 佐藤伸彦 副院長(内科医師)

  • 第36回日本看護学会-老年看護-(2005)
  • 第21回日本静脈経腸栄養学会(2006)
  • 第22回日本静脈経腸栄養学会(2007)
  • 第23回日本静脈経腸栄養学会(2008)

微量元素強化補助飲料の貧血改善効果(PDF:916KB)

長崎県 活水女子大学 健康生活学部 食生活健康学会 井上靖久 松永知恵

  • 第54回日本栄養改善学会学術総会(2007)

銅・亜鉛を強化した栄養補助食品の使用経験 褥瘡が著明改善した2症例(PDF:620KB)

山梨県 医療法人恵信会 恵信甲府病院 鶴田真弓、鈴木松子、市川初美、藤井匡明、中村由喜、渡部脩、千葉直彦、横山宏

  • 第15回日本療養病床協会全国研究会(2007)

EPA・DHAを含む食物繊維強化糖尿病用流動食の投与により、糖・脂質代謝改善を認めた糖尿病患者の一例(PDF:758KB)

北海道 医療法人禎心会 稚内禎心会病院 山田修子、鈴木知毅

  • 第11回日本病態栄養学会年次学術集会(2007)

食後高血糖に及ぼす食物繊維強化濃厚流動食の影響(PDF:743KB)

お茶の水女子大学 生活環境研究センター ○田口千恵、近藤和雄
森永乳業株式会社 栄養科学研究所 園木浩文、関根一則、高瀬光徳

  • 第53回日本栄養改善学会学術総会(2006)

Get Adobe(R) Reader(R)

PDFファイルをご覧になるには Adobe Reader が必要です。(無料)
Adobe Reader のダウンロードはこちら

※当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、医療従事者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)の方を対象に作成したものです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。



ページの終わりです