MA-R2.0は、少ない摂取量でも必要な栄養素を十分に摂取できる高栄養流動食です。ハイカロリータイプ(2.0kcal/ml)でありながら脂肪エネルギー比率を25%に抑え、また、特に長期経腸栄養療法で不足しがちな微量元素(亜鉛・銅・マンガン・セレン・クロム)に配慮しています。

内容量 400kcal/200ml、500kcal/250ml
形状 液体
保存方法 常温保存
容器形態 アセプバッグ
  • 同組成の紙パックもご用意しております。
栄養成分マーク
  • ハイカロリー
  • 食物繊維
  • 亜鉛
たんぱく質量 3.7g/100kcal
賞味期限 製造日より180日

製品特長

  1. 1.MA-R2.0は、ビタミン、微量元素含量に配慮した高栄養流動食です。
  2. 2.1日当たり500~600ml(1000~1200kcal)を標準的な摂取量とする1ml当たり2kcalの高栄養流動食です。
  3. 3.人気のバナナ風味です。
  4. 4.当社独自のプレミアムアセプティック製法※により食品本来の「おいしさ」「白さ」「素材のフレッシュ感」をそのまま提供することが可能となりました。
    ※プレミアムアセプティック製法とは
    熱による製品へのダメージを抑えた滅菌プロセスにより実現した、衛生面に高度に配慮した新しい滅菌・充填システムによる製造方法です。

おすすめポイント

たんぱく質への配慮

良質な牛乳由来のたんぱく質を配合しています。

  1. 1.たんぱく質 7.3g

100ml(200kcal)当たり

脂肪酸組成への配慮

必須脂肪酸のバランスに配慮し、中鎖脂肪を含む混合植物油を配合しています。

  1. 1.中鎖脂肪酸 5.6g
  2. 2.脂肪エネルギー比率 25%

100ml(200kcal)当たり

ビタミン・ミネラル

1日当たり600ml(1200kcal)の摂取で、ビタミンおよび鉄・亜鉛・銅・セレン・クロム・モリブデンは、日本人の食事摂取基準(2010年版)※の推奨量・目安量を充足します。

  • 厚生労働省策定 日本人の食事摂取基準(2010年版).第一出版.2010.[50~69歳 男性]

摂取量や水分をひかえたい方への配慮

摂取量をひかえてもエネルギーを確保したい方や、水分制限のある方などに適した、ハイカロリータイプ

  • 1ml当たり 2.0kcal
濃度調整表

MA-R2.0 100ml(200kcal)に所定の水を加えると、下表の通りとなります。

濃度(kcal/ml) 水 添加量(ml) 出来上がり量(ml) 浸透圧(mOsm/l) 粘度(mPa・s,20℃)
2.0 0 100 620 55
1.5 33 133 370 20
1.0 100 200 220 8
0.8 150 250 170 5
0.5 300 400 100 3
1000kcal当たりの水分量

飲みやすさへの配慮

親しみやすい人気のバナナ風味

ラインナップ

栄養素紹介

たんぱく質

たんぱく質のエネルギー比率は15%です。

100ml(200kcal)当たり7.3gです。消化吸収性が良く栄養価の高い乳たんぱく質(カゼイン、乳清たんぱく質)およびカゼインを酵素で処理したカゼイン消化物で構成されています。

特性値

アミノ酸スコア 100
フィッシャー比(BCAA/AAA) 3.0
non protein kcal/N 146※
  • BCAA(分岐鎖アミノ酸):イソロイシン、ロイシン、バリン
  • AAA(芳香族アミノ酸):フェニルアラニン、チロシン
  • フィッシャー比:分岐鎖アミノ酸/芳香族アミノ酸のモル比
  • 窒素‐たんぱく質換算係数を6.25として算出

アミノ酸組成(参考値)

必須アミノ酸 g/100ml 非必須アミノ酸 g/100ml
イソロイシン 0.39 アルギニン 0.26
ロイシン 0.70 アラニン 0.23
リジン 0.59 アスパラギン酸

(アスパラギン酸/アスパラギン)

0.55
メチオニン 0.20
シスチン 0.05
フェニルアラニン 0.36 グルタミン酸

(グルタミン酸/グルタミン)

1.50
チロシン 0.35
スレオニン 0.30
トリプトファン 0.09 グリシン 0.14
バリン 0.48 プロリン 0.76
ヒスチジン 0.22 セリン 0.36
合計 3.73 合計 3.80

脂質

中鎖脂肪を含む植物油を配合しています。

100ml(200kcal)当たり5.6gです。効率的なエネルギー補給に適した中鎖脂肪(MCT:Medium Chain Triglyceride)を含む混合植物油を配合しています。

脂肪酸の構成比は、日本人の食事摂取基準(2010年版)※における各脂肪酸の摂取目標量(%エネルギー)を参考にしています。

主要脂肪酸組成(参考値)

脂肪酸 (%)
カプリル酸 (C 8:0) 12.0
カプリン酸 (C 10:0) 4.0
パルミチン酸 (C 16:0) 9.0
ステアリン酸 (C 18:0) 3.0
オレイン酸 (C 18:1) 37.0
リノール酸 (C 18:2 n-6) 27.0
α-リノレン酸 (C 18:3 n-3) 8.0
合計 100.0

脂肪酸特性値※

  • 全脂肪酸/全脂質を0.9として算出
g/100ml %エネルギー
飽和脂肪酸 1.41 6.4
(うち中鎖脂肪酸) (0.81) (3.6)
一価不飽和脂肪酸 1.86 8.4
n-6系脂肪酸 1.36 6.1
n-3系脂肪酸 0.40 1.8

糖質・食物繊維

炭水化物(糖質・食物繊維)のエネルギー比率は60%です。

糖質は、消化吸収性の良いデキストリンを主体としています。
食物繊維は、水溶性食物繊維である難消化性デキストリンが100ml(200kcal)当たり2.0g含まれています。

ビタミン・微量元素

ビタミンは、1日当たり600ml(1200kcal)の摂取で、日本人の食事摂取基準(2010年版)※推奨量・目安量を充足します。ミネラルは、日本人の食事摂取基準(2010年版)※を参考にバランス良く配合しています。600ml当たりに含まれる微量元素は、亜鉛14mg、銅1.2mg、マンガン2.2mg、セレン42µgおよびクロム42µgです。

  • 厚生労働省策定 日本人の食事摂取基準(2010年版).第一出版.2010.[50~69歳 男性]

容器特長

より衛生面と使い勝手に配慮したバッグタイプの高栄養流動食です。

200ml(400kcal)と250ml(500kcal)入りの2タイプを用意しました。必要量に合わせてお選びいただけます。
上の写真は250ml(500kcal)です。

各種表示

栄養機能食品(亜鉛・銅)

栄養機能食品とは、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が厚生労働大臣が定める規格基準に適合すれば、所定の栄養機能を表示することができる食品です。

  • 亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。
  • 亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
  • 亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。
  • 銅は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
  • 銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。

標準組成表

[ ]:参考値 【 】:目標量

  「MA-R(エムエーアール)2.0」標準組成 日本人の食事摂取基準
(2015年版)※1
身体活動レベルI(低い)
50~69歳男性
50ml当たり 100ml当たり 200ml当たり 250ml当たり 500ml当たり 600ml当たり 推奨量・目安量※ 耐容上限量
エネルギー(kcal) 100 200 400 500 1000 1200 2100(推定必要量) -
たんぱく質(g) 3.7 7.3 14.6 18.3 37 44 60 -
(%エネルギー) 15 15 15 15 15 15 【13%~20%】 -
脂質(g) 2.8 5.6 11.2 14.0 28 34 - -
(%エネルギー) 25 25 25 25 25 25 【20%~30%】 -
飽和脂肪酸(%エネルギー) [6.4] [6.4] [6.4] [6.4] [6.4] [6.4] - -
n-6系脂肪酸(g) [0.68] [1.36] [2.72] [3.40] [6.8] [8.2] - -
(%エネルギー) [6.1] [6.1] [6.1] [6.1] [6.1] [6.1] - -
n-3系脂肪酸(g) [0.20] [0.40] [0.80] [1.00] [2.0] [2.4] - -
炭水化物(g) 15.8 31.6 63.2 79.0 158 190 - -
(%エネルギー) 60 60 60 60 60 60 【50%~65%】 -
糖質(g) 14.8 29.6 59.2 74.0 148 178 - -
食物繊維(g) 1.0 2.0 4.0 5.0 10 12 【20以上】 -
灰分(g) 0.5 0.9 1.8 2.3 5 5 - -
水分(g) 35 69 139 174 347 416 - -
ナトリウム(mg) 75 150 300 375 750 900 600(推定必要量) -
(mEq) 3.3 6.5 13.0 16.3 33 39 - -
食塩相当量※2(g) 0.19 0.38 0.76 0.95 1.9 2.3 【8.0未満】 -
カリウム(mg) 80 160 320 400 800 960 2500※【3000以上】 -
(mEq) 2.0 4.1 8.2 10.2 20 25 - -
塩素(mg) 74 148 296 370 740 888 - -
(mEq) 2.1 4.2 8.3 10.4 21 25 - -
カルシウム(mg) 50 100 200 250 500 600 700 2500
マグネシウム(mg) 25 50 100 125 250 300 350 -
リン(mg) 50 100 200 250 500 600 1000※ 3000
鉄(mg) 0.9 1.8 3.6 4.5 9 11 7.5 50
亜鉛(mg) 1.2 2.4 4.8 6.0 12 14 10 45
銅(mg) 0.10 0.20 0.40 0.50 1.0 1.2 0.9 10
マンガン(mg) 0.18 0.36 0.72 0.90 1.8 2.2 4.0※ 11
ヨウ素(µg) 13 25 50 63 125 150 130 3000
セレン(µg) 4 7 14 18 35 42 30 440
クロム(µg) 4 7 14 18 35 42 10※ -
モリブデン(µg) 3 5 10 13 25 30 25 550
ビタミンA - - - - - - - -
レチノール当量(µgRAE) 75 150 300 375 750 900 850 2700
レチノール(µg) 60 120 240 300 600 720 - -
β-カロテン(µg) 180 360 720 900 1800 2160 - -
ビタミンD(µg) 0.5 1.0 2.0 2.5 5 6 5.5※ 100
ビタミンE - - - - - - - -
α-トコフェロール(mg) 1.2 2.4 4.8 6.0 12 14 6.5※ 850
ビタミンK(µg) 7 13 26 33 65 78 150※ -
ビタミンB1(mg) 0.15 0.30 0.60 0.75 1.5 1.8 1.3 -
ビタミンB2(mg) 0.18 0.36 0.72 0.90 1.8 2.2 1.5 -
ナイアシン(mg) 2.0 4.0 8.0 10.0 20 24 - 350
ナイアシン当量(mgNE) 2.8 5.5 11.0 13.8 28 33 14 -
ビタミンB6(mg) 0.30 0.60 1.20 1.50 3.0 3.6 1.4 55
ビタミンB12(µg) 0.30 0.60 1.20 1.50 3.0 3.6 2.4 -
葉酸(µg) 30 60 120 150 300 360 240 1000
パントテン酸(mg) 1.0 2.0 4.0 5.0 10 12 5※ -
ビタミンC(mg) 15 30 60 75 150 180 100 -
ビオチン(µg) 5 9 18 23 45 54 50※ -
  1. ※1日本人の食事摂取基準(2015年版).第一出版,2015.
  2. ※2食塩相当量(g)=ナトリウム(mg)×2.54×1/1000

標準物性値

浸透圧(mOsm/kg H2O) 900
浸透圧(mOsm/l) 620
pH(20℃) 7.0
比重(20℃) 1.15
粘度(mPa・s,20℃) 55

主要原材料

デキストリン、植物油、乳たんぱく質、難消化性デキストリン、カゼイン消化物、乾燥酵母、食塩、カゼインナトリウム、pH調整剤、乳化剤、塩化カリウム、香料、グルコン酸亜鉛、グルコン酸銅

  • 原材料の一部に乳成分、大豆を含む

アレルギー情報

特定原材料

小麦 落花生 えび そば かに
- - - - - -

特定原材料に準ずるもの

大豆

保管、使用上の注意

  1. 1.医師・栄養士等のご指導に従って使用してください。
  2. 2.静脈内等へは絶対に注入しないでください。
  3. 3.牛乳・大豆由来の成分が含まれています。アレルギーを示す方は使用しないでください。
  4. 4.水分管理、電解質及び亜鉛・銅等の微量元素の補給量に配慮して使用してください。
  5. 5.使用開始時は、少量または低濃度(0.5~1kcal/ml前後)とし、腹部症状等に注意しながら使用してください。
  6. 6.容器が落下・衝撃等により破損しますと、無菌性が損なわれます。取り扱いには十分注意してください。
  7. 7.容器は衛生的にお取り扱いください。
  8. 8.容器に漏れ・膨脹等がみられるもの及び容器の破損しているものは使用しないでください。
  9. 9.食用酵母由来の沈澱、あるいは白色の浮遊物(脂肪)が認められる場合もありますが、品質には問題ありません。
    開封前によく振ってからご使用ください。
  10. 10.開封時に内容物の色・臭い・味に異常があるもの及び固まっているものは使用しないでください。
  11. 11.沈澱・凝固の原因となりますので、本品に果汁等の酸性物質や多量の塩類等を混合しないでください。
  12. 12.電子レンジで加温しないでください。加温する場合は、未開封のままポリ袋に入れ、お湯(約60℃)で体温程度を目安に温めてください。長時間または繰り返しの加温は、風味劣化・褐色化・沈澱等の原因となりますので避けてください。
  13. 13.開封後に全量使用しない場合には、直ちに冷蔵庫に保管し、その日のうちに使用してください。
  14. 14.室温で保存できますが、おいしさを保つために冷所での保管をおすすめします。
  15. 15.直射日光があたる場所や、高温な場所、凍結するような場所で保管しますと、風味劣化等の性状変化が認められる場合があります。
  16. 16.1日当たり500~600mlを目安にお召し上がりください。
  17. 17.本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。亜鉛の摂りすぎは、銅の吸収を阻害するおそれがありますので、過剰摂取にならないよう注意してください。1日の摂取目安量を守ってください。
    乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。
  18. 18.本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官により個別審査を受けたものではありません。

アセプバッグについての注意

  1. 1.容器は使い捨てです。繰り返しの使用は避けてください。
  2. 2.製品の上に重い物をのせたり、重ね置きすると、容器が破損するおそれがあります。
  3. 3.内容物を別容器に移しかえずに使用する場合は、チューブ接続口にチューブを接続してください。チューブ接続口のキャップは、容器に記載されている手順に従って開封してください。
  4. 4.チューブ接続口のキャップは、開栓後、栓として再利用できませんので廃棄してください。
  5. 5.容器本体部分をつかむと内容物が噴き出しますので、開封後も容器とチューブ接続口の接合部分(固い部分)を持ってお取り扱いください。
  6. 6.本容器で水を補給する場合や、内容物を水でうすめる場合は、ジッパー口から必要量だけ入れ、ジッパーを完全に閉めた上で速やかに使用してください。
  7. 7.ジッパー開封後、容器を逆さや横置きにすると内容物が漏れるおそれがあります。

物流情報

MA-R2.0アセプバッグ(200ml)

包装規格 200ml×20個
JANコード 49-02720-09353-8
ITFコード 1-49-02720-09353-5
ケース販売用JANコード 49-02720-09350-7
ケースサイズ(縦mm×横mm×高mm) 270×390×208
ケース重量(kg) 5.5
発売年月日 2011/2/28
賞味期限 180日

MA-R2.0アセプバッグ(250ml)

包装規格 250ml×20個
JANコード 49-02720-09352-1
ITFコード 1-49-02720-09352-8
ケース販売用JANコード 49-02720-09351-4
ケースサイズ(縦mm×横mm×高mm) 270×390×208
ケース重量(kg) 6.7
発売年月日 2011/2/28
賞味期限 180日
MA-R2.0アセプバッグ

MA-R2.0アセプバッグ

購入する