クリニコとは?インタビュー vol.1(営業本部)

  • クリニコで出会った「生きる力を支える」仕事への誇り

    私がクリニコで出会ったのは、「生きる力を支える」仕事でした。私は森永乳業に入社後、市乳営業統括部の営業担当者としてキャリアをスタートし、営業企画、販売業務、物流など幅広く業務に携わってきました。2010年にクリニコに異動し、営業担当として医療・介護現場を訪ねると「クリニコ製品で患者さんが元気になった」「患者さんやご高齢の方から笑顔が生まれた」という喜びや感謝の声に幾度も出会いました。そこで私たちの仕事は、食を通じて生きる力を支えることだと強く実感したのです。
    クリニコの営業担当者は、一人ひとりが食と栄養のプロフェッショナルです。日々栄養や病態について学び、医療・介護従事者の皆さんを介して医療・福祉施設に入院及び入居されている患者さん、また在宅の高齢者や患者さんにおける課題、問題点、悩みを聞き、解決策を考え、提案する。医学や栄養学は日々進歩しているので、私たちも日々研鑽し、進歩しなければなりません。たゆみない努力を重ねることができるのは、人々の笑顔や喜びを生み出す仕事だという誇りがあるからです。

  • 営業本部 常務取締役本部長(当時)

病院から在宅医療、予防領域へ。私たちの夢は広がる

クリニカルフーズのトップブランドとして、クリニコは今後さらなる成長を持続的に遂げていきます。私が推進していきたいのは次の3つです。①医療・介護施設への販売体制の強化・充実、②地域医療構想、地域包括ケアシステムに準じた地域に密着した営業活動の推進。それに伴い在宅医療の販売チャネル確立、③フレイル、オーラルフレイル、がん、認知症において栄養での予防・改善へのアプローチです。
市場拡大の最前線となるのは「営業担当者」です。栄養や病態、予防に関する情報提供力を高めるとともに、オンラインも活用し、多くの施設の医療・介護従事者の皆さんにアプローチする営業体制を強化し進化し続けます。
設立以来、クリニカルフーズのパイオニアとして走り続けてきましたが、今後は在宅医療、疾病予防の分野にも翼を広げ、さらなる社会貢献を果たしていきたいと考えています。

食と栄養は、豊かな生活をもたらす

クリニコに来てから私がずっと続けている習慣があります。それはランニングです。社員に誘われて始めたものですが、仕事が終わって走っていると心と頭の整理がつき、明日も頑張ろうと心身ともにリセットできるのです。中林社長もランニング仲間で、市民マラソン大会に一緒に参加したこともあります。
元気な身体づくりに運動は欠かせませんが、それは栄養と表裏一体です。中年期を過ぎると、過度の運動は低栄養を招き、痩せや筋肉低下につながることがあります。私も体の変化を感じ、たんぱく質を増やすなど栄養の工夫をするようになりました。人生を謳歌するために欠かせない「食と栄養」を仕事にできるのは私の大きな喜びです。クリニコを通じて多くの人に食と栄養の大切さを伝え、豊かなQuality of Lifeの実現に貢献していきたいと思います。

私のMYクレド

「Be a Challenger!-挑戦者たれ-」

「すべてに、真摯に、謙虚に、冷静に」

長らく営業畑を歩んできましたが、仕事を前向きに楽しむ秘訣はChallengeの情熱を心に燃やしつづけること。一方で、人の命や健康に関わる仕事であるゆえに、冷静沈着なマインドも不可欠です。動と静をバランスよく兼ね備えた人でありたいと心がけています。