クリニコは森永乳業グループです

お電話でのお申し込み・お問合せ

受付時間 平日9:00~17:30(土・日・祝日、年末年始、5月1日を除く)

ビフィズス菌末BB536

  • 開発当時のものです。
  • ビフィズス菌末BB536

    赤ちゃんからお年寄りまで、人々の幸せに貢献していきたい
    「森永乳業のビフィズス菌末BB536」

    森永乳業株式会社 食品基盤研究所
    生物機能研究部 部長

なぜビフィズス菌BB536?

ビフィズス菌や乳酸菌という言葉はほとんどの方がご存知だと思います。でも、ビフィズス菌と乳酸菌は同じものだと思っていませんか? 実は同じではないのです。
私たちのおなかの中には、数百種類、数百兆個以上の腸内細菌がすんでいます。中でもビフィズス菌は乳幼児や健康な人の腸内に多くすんでいて、健康な赤ちゃんの腸内のほとんどはビフィズス菌に占められていて、免疫力が未熟な赤ちゃんを様々な感染症から守っていると考えられています。これに対し乳酸菌はチーズや漬物などに多くすんでいて、人のおなかの中ではビフィズス菌の1/100~1/10000程度しかすんでいません。そのため、ビフィズス菌は人のおなかに適した菌で、健康に大きく影響を及ぼしていると考えられます。
またビフィズス菌といっても種類は多く、家畜などの動物のおなかにすんでいるものと人のおなかにすんでいるものでは種類が異なります。森永乳業のビフィズス菌BB536は健康な乳児から発見され、赤ちゃんから大人まで幅広くすんでいるビフィズス菌の種類です。現在、ビフィズス菌BB536は日本だけにとどまらず、世界30カ国以上でヨーグルトやサプリメント、育児用粉ミルクなどに利用され、世界で認められたビフィズス菌となりました。

ビフィズス菌BB536の研究

世界に認められている理由の1つとして、数多くの研究成果によって我々の健康維持に役立つことが科学的に証明されている点が挙げられます。試験管レベルの基礎的な研究だけでなく、実際に人が摂取する臨床研究が数多く行われています。

元気なビフィズス菌BB536を届けたい

世界に認められているもう1つの理由として、高い製品応用技術があります。例えばビフィズス菌BB536の粉末(菌末)は、独自の技術により他社製品に比べて高濃度で製造でき、さらに保存中も高い菌数を維持できる保存性と安定性をもっています。菌末であれば乳製品が苦手な方でもサプリメントとして簡単に摂取できるというメリットがあります。
また、ヨーグルトの中では酸や酸素の影響でビフィズス菌は死んでしまうということもあり、市販のヨーグルトの多くにはビフィズス菌は入っていないのですが、これまでに、酸素が透過できないバリア容器の開発や、発酵技術の工夫を行うことでビヒダスのようなビフィズス菌BB536入りのヨーグルトを開発しました。近年ではビフィズス菌BB536の菌数を高め、保存中の生存性も著しく改善させる乳酸菌を発見し、ヨーグルトの製造技術に大きな革新をもたらしました。この新しい技術を利用することによって、色々な風味のビフィズス菌入りヨーグルトの製品化が可能になり、健康に役立つビフィズス菌BB536入りのヨーグルトを、楽しんで食べていただくことができるようになりました。

ビフィズス菌BB536研究の今後

近年、腸内細菌はいろいろな疾病に関係していることが次々と明らかにされ、腸内細菌をバランスよく保つことが健康のカギと考えられるようになってきました。ビフィズス菌は、不規則な生活やストレス、加齢、抗生物質、脂肪の多い食事などによって、ある日突然、あるいは徐々に腸内細菌のバランスを崩してしまいます。私たちが研究を続けてきたビフィズス菌BB536は、このバランスを正常に保ち、赤ちゃんからお年寄りまで世界中の人々の健康維持に貢献できると自信を持っています。
今後、腸内細菌やプロバイオティクスの研究は飛躍的に進歩を遂げるのは間違いありません。「ビフィズス菌BB536は世界で最も優秀なプロバイオティクス」、「ビフィズス菌BB536は最も安心できるビフィズス菌」と言われることを夢見て、今後も研究に打ち込みたいと思います。

pagetop