ページの先頭です

このページは、ホームの中の医療従事者向け情報の中の病態別栄養関連情報の中のPEG患者さんの栄養管理
―半固形状流動食の使い方・投与のポイントについて―
のページです。

PEG患者さんの栄養管理
―半固形状流動食の使い方・投与のポイントについて―監修:北美原クリニック理事長・函館五稜郭病院 客員診療部長 岡田晋吾先生

1.PEGの基礎知識

PEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)とは

経口摂取が安全かつ十分にできない場合に、内視鏡を利用するなどして造設した胃瘻を使用した経腸栄養法です。

PEG(胃瘻)は安全に作成できるようになったことから今では経腸栄養のポピュラーな投与ルートの一つです。

PEGの目指すゴール

経口摂取の再開

PEG造設の最終目標は「もう一度、口から食べていただくこと」。PEGから経腸栄養を開始し、体力の回復とともにリハビリテーションを行うことによって、経口摂取再開の可能性があります。

リハ訓練可能な体力の回復

PEGからの安定した栄養供給によって、リハビリテーション訓練が可能な体力や気力の回復が期待できます。

2.半固形状流動食

PEGによる流動食の投与中は、下痢や誤嚥性肺炎などの合併症を起こすことがあり、このような状況の一つの解決策として、半固形状流動食を用いた投与があります。

半固形化栄養法の効果

半固形状流動食は胃での滞留・排出時間が長く、胃の蠕動運動を刺激し、消化・吸収能にメリットをもたらすなど、液体流動食で起きやすい問題点を解決できる可能性があります。

半固形状流動食の利用で期待できる主なメリット

  • 胃食道逆流の防止、嘔吐の減少
  • 瘻孔からのリーク防止
  • 注入時間が短くなり、同一体位を長時間とる必要がなくなる
  • 下痢の改善
  • 褥瘡の予防・改善

3.半固形状流動食の投与方法

  1. とろみ調整用食品で液体流動食に粘度をつけ、シリンジを利用して注入する方法があります。
  2. 市販のバッグタイプの半固形状流動食を利用する方法もあります。

市販の半固形状流動食のメリット

  • とろみをつける手間がない。
  • 容器とチューブを直接接続して衛生的で簡便に投与できる。
  • 手絞りでの注入の他、加圧バッグの利用でより簡便に投与できる。

4.半固形状流動食の投与のポイント

投与前

  • 前回摂取したものが胃内に残っていないか確認しよう。
  • 脱気の実施・・便秘などによって胃内圧が高まっていると、流動食の注入によって漏れや胃食道逆流が起こりやすくなる。この防止のために、栄養剤投与前の胃内の脱気は、毎回実施するのが理想。
  • 投与時の姿勢に注意

※寝たままの姿勢では、流動食が逆流して気管に入る恐れがある。
※患者さんごとの至適体位を探すこと。

注入開始後

  • 患者さんの様子をみながら5~15分程度かけて注入する。
  • 1回の量は300~600mlを目安にする。
  • 流動食には基本的に薬剤を混ぜない。

注入後

  • 注入が終了したら少量の空気でフラッシュする。
  • 水分補給は時間を空けること。
  • 注入後30~60 分、注入時の姿勢を保つ。

5.半固形状流動食注入時のリスクマネージメント

半固形化により下痢や漏れなどの合併症が軽減でき、患者さんのQOLの向上をもたらしますが、注意すべき点もあります。PEGによる半固形状流動食の投与時の注意点を十分に理解し、正しい投与法を身につけることが安心・安全な栄養管理には不可欠です。

1)下痢の予防

半固形状流動食は下痢防止に有用な方法とされているが、以下の点に注意。

長期間腸管を使わなかったとき

長期間静脈栄養だけで管理していた場合、腸が経腸栄養に適応できるまで少量投与から徐々に投与量をアップさせる。

併用薬剤をチェック

下痢の原因となる可能性がある薬剤(抗生物質・マグネシウム含有制酸剤・リン酸塩製剤・ソルビトール含有薬剤)など対処法は医師・薬剤師に相談する。

下痢になったら投与量を減量したり食物繊維が多く含む流動食への切り替えを検討してみよう

2)便秘の予防

  • 水分を十分にとる。
  • 医師と相談の上、食物繊維、ビフィズス菌、オリゴ糖などを適量投与する。

3)嘔吐の予防

  • 必ず上体を起こして投与し、投与後も30分以上姿勢を保つ。
  • 腹部膨満感があるときは減圧チューブを利用するなどして胃内のガスを抜く(医師に相談)。

4)半固形状流動食でも逆流はある!

  • 半固形状流動食は胃内からの逆流による誤嚥性肺炎防止に大きな力を発揮するが、逆流する場合もあるので十分に注意すること。

5)脱水に注意

  • 喉の渇き、唇のひびわれ、肌の乾燥などがみられるときは脱水を疑う。また、発熱や下痢がある場合はいつもより多めの水分補給を心がける。


ページの終わりです