ページの先頭です

このページは、ホームの中の医療従事者向け情報の中の病態別栄養関連情報の中の糖尿病のページです。

糖尿病

糖尿病とは

糖尿病は、耐糖能異常、すなわちインスリンの作用不足によって生じる病気です。
インスリンの作用が不足すると、ブドウ糖が体内で利用されなくなり、血液中にブドウ糖が余った状態になります。(高血糖)
この高血糖状態が慢性的になると全身の血管や神経がダメージを受け、網膜症、腎症、神経障害を生じます。また、高血糖は動脈硬化の危険因子でもあり、脳梗塞や心筋梗塞など重篤な疾患を引き起こします
糖尿病の治療目的は、健康な人と同様のQOL(生活の質)を維持し、寿命を全うすることにあります。そこで、糖尿病の合併症、すなわち、失明の原因となる網膜症や人工透析の原因となる腎症を防ぐことが大切になります。

糖尿病の原因による分類

 
1型糖尿病 子どもや若い人に多く発症する。
膵臓でインスリンをつくりだせず、欠乏するために起こる。
<主な理由>
自己免疫疾患やウイルス感染により突発的に発症する。
 
2型糖尿病 インスリンの分泌が低下したり、運動不足や肥満のために、筋肉や脂肪細胞でインスリンの作用が不足するために起こる。
<主な理由>
肥満、生活習慣病によるものが多い。中年以降の発症が多い。
 
その他の糖尿病 膵臓のはたらきや、インスリンの作用に関係する遺伝子異常にもとづくものや、他の疾患(膵臓・肝疾患、感染症 など)によって引き起こされる。
 
妊娠糖尿病 妊娠中に発症したか、あるいは妊娠中に初めて発見された糖尿病。
 

日本における糖尿病者の95%以上がインスリン抵抗性を主な発症要因とする2型糖尿病です。2型糖尿病以外にも、インスリンを分泌するβ細胞が破壊され、インスリン分泌量が減少する1型糖尿病や、遺伝子異常、膵臓・肝臓の異常に起因する糖尿病、あるいは、妊娠中に発症する妊娠糖尿病があります。
いずれにしても、インスリンの絶対的不足(インスリン分泌不全)や相対的不足(インスリン抵抗性)が糖尿病(血糖を含む全身の代謝異常)の原因となります。

糖尿病の診断

糖尿病の予防・治療では早期発見・早期治療が大切です。そのために糖尿病であるかどうかを判断する基準が必要です。その基準として日本糖尿病学会から次のような糖尿病の診断指針が示されています。

引用:日本糖尿病学会編:糖尿病治療ガイド2010.文光堂,2010.P18~20

Ⅰ「糖尿病型」の判定

次の1~4のいずれかが確認された場合は「糖尿病型」と判定する。ただし1~3のいずれかと4が確認された場合には、糖尿病と診断してよい。

  1. 早朝空腹時血糖値で126mg/dl以上
  2. 75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)で2時間血糖値200mg/dl以上
  3. 随時血糖値200mg/dl以上
  4. HbA1c(JDS値)が6.1%以上[HbA1c(国際標準値)が6.5%以上]

*空腹時血糖値が100~109mg/dlは正常域ではあるが「正常高値」とする。正常高値の場合には、OGTTを行って正常型、境界型あるいは糖尿病型のいずれかに属するかを判定することが勧められる。

Ⅱ「糖尿病」の診断

別の日に行った検査で「糖尿病型」が再確認できれば、糖尿病と診断できる。ただし、初回検査と再検査の少なくとも一方で、必ず血糖値の基準を満たしていることが必要である(HbA1cのみの反復検査による診断は不可)。なお、血糖値が「糖尿病型」を示し、かつ次のいずれかが認められる場合は、初回検査だけでも糖尿病と診断できる。

  1. 糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少など)
  2. 確実な糖尿病網膜症

監修:お茶の水女子大学教授 生活環境研究センター長 近藤和雄先生

糖尿病の治療の目的

糖尿病の治療の最終目的は、健康な人と同様のQOL(生活の質)を維持し、寿命を全うすることにあります。
そのために、良好な血糖コントロールを維持し、

  1. 著しい高血糖による昏睡、意識障害などの急性合併症を回避する。
  2. 網膜症や腎症などの細小血管障害や、神経障害といった合併症、あるいは、動脈硬化の発症を予防すること。

が、 糖尿病治療の目標になります。

糖尿病治療には、食事療法・運動療法・薬物療法があります。
患者さんの病態や病型に応じて、これらの治療法を上手く組み合わせて治療を進めますが、食事療法が最も重要になります。

糖尿病の食事療法

食事療法は、すべての糖尿病患者が実施すべき治療の基本です。

糖尿病の食事療法の目的は次の通りです。

  1. 糖尿病の患者が健康人と同様の日常生活を送るのに必要な栄養を補給する。
  2. 糖尿病の代謝異常を是正し、血糖、血清脂質、血圧などを良好な状態に維持する。
  3. 糖尿病性合併症の発症あるいは進展を防止する。
  4. 運動療法や薬物療法を安全に実施する。

そして食事療法としては、次の4つがポイントとなります。

  1. 適正なエネルギー量の食事
  2. 栄養素のバランスが良い食事
  3. 糖尿病性合併症の発症、進展防止を図れる食事
  4. 規則的な食事

引用:日本糖尿病学会編: 糖尿病食事療法指導のてびき 第2版.文光堂, 東京.2005. p10

糖尿病食は健康食

糖尿病食は特別な「病人食」ではなく、全ての健康人にも勧められる「健康食」、「長寿食」と同じです。

糖尿病食事療法

『科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン(2010)』(日本糖尿病学会編集,南江堂,p31~35、2010年)引用改変

食事療法について

食事療法は、すべての糖尿病患者において治療の基本であり、出発点である。
食事療法の実践により、糖尿病状態が改善され、糖尿病合併症のリスクは低下する。

エネルギー

炭水化物: 指示エネルギー量の50%以上60%を超えない範囲
たんぱく質: 標準体重1kg当たり1.0~1.2g
進行した糖尿病腎症を合併した例では、蛋白制限食が必要である。
脂質: 残り(総エネルギーの25%以内)
飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸はそれぞれ摂取エネルギーの7%、10%以内におさめる。

食塩

多くても10g/日以内、高血圧を合併したものでは6g/日未満、尿蛋白が1g/日以上の腎症を合併したものでは7~8g/日未満に制限する。

食物繊維

1日20~25g(血糖コントロールの改善に有効であり、血中脂質レベルも低下させる)

食品の種類数

できるだけ多くの食品数を摂取(食事制限によるビタミン、ミネラルの摂取不足を防ぐ)



ページの終わりです