若いうちから営業として
自主的に動ける環境に
大きな魅力を感じました。

佐々木透 熊本営業所 NR(営業)
駒沢大学法学部法律学科卒 2015年入社

クリニコを選んだ理由
医療の専門家でなくても
人々のQOLの向上に貢献できる

大学時代、社会保障のゼミを通じて実感したことは、人々の健康寿命の延伸が今後の課題だということ。そこで就職活動では製薬会社や食品会社に興味を持ったのですが、クリニコに出会った時に「この会社だ!」と感じました。その理由は、クリニコの経営理念である『予防・治療・介護を通して、一人ひとりのQuality of Lifeの向上に貢献する』に強く共感したからです。
さらに営業志望だった私にとって、新入社員でも一人あたり100件以上の得意先を任され、若いうちから責任も持った仕事ができる点も大きな魅力でした。当時クリニコに入社していた大学OBに話を聞く機会があり、自分の仕事や目標を自分でマネジメントし、自分で創意工夫しながらチャレンジできる風土であることが分かり、とても魅力を感じました。栄養学の知識は全くありませんでしたが、社内研修が充実しているので問題はないこと、栄養や健康に関する知識が身につけば、自分自身だけでなく家族や友人にもさまざまなアドバイスができるようになることも知り、「ここなら自分が思い描いていた仕事ができる」と感じました。
クリニコの社名や製品名は、一般には広く知られていませんが、医療・介護業界では古くから認知されている企業であることも大きな決め手でした。

これがNRの仕事
自分でゴール目標を決め
自分で自分をマネジメントする

私が現在担当しているのは、熊本県内の病院、介護施設、薬局など110件程度。医師や看護師、栄養士、リハビリ担当のスタッフなどへ情報提供や製品の紹介を行います。医療・介護現場の最前線で患者さんと接する方々とお話ができるので、リアルな感想や要望をすぐに自分の営業活動へ反映できることが面白さです。ときには専門的な知見を求められることもありますが、本社各部署に協力を仰げば、常に最新の情報を提供することができます。クリニコ製品にはさまざまなバリエーションがあるので、患者さんの状態や食の嗜好に合わせて常に最適なものを提案できることも大きな強みです。
私は営業として、各得意先の状況を丁寧にヒアリングして分析し、最終的なゴール目標を決めてから、自分の仕事を着実にマネジメントしていくことを心掛けています。その過程でバックアップが必要になった場合には、経験豊富な上司や先輩、本社各部署にアドバイスを求めて工夫をします。現在は営業所の中堅として後輩を引っ張る立場でもあるので、自分がこれまでに学んだことを伝えてフォローしながら、営業所全体のチーム力を向上させていくことも大きな目標です。

思い出に残っているエピソード

業界にはさまざまなメーカーが存在しますが、私は「森永乳業と連携して製品作りをしているクリニコが、いちばんおいしい!」と絶対の自信を持っています。そのため、得意先の方々には、できるだけ製品の試食・試飲をしていただきます。なかには、栄養成分を最も重視されるために、味には関心がない方もいらっしゃいますが、試食会を行うと、「凄くおいしい!」と評価してくださり、新規の契約をいただく経験を多くしてきました。栄養補助を目的に提供したものを、患者さんが残してしまっては全く意味がありません。そのためには、当社品の「おいしさ」は大きな強みになるのです。

就活生へのメッセージ

NRは、営業なので結果を出すことは当然ですが、たとえ結果が出なかった場合でも、その努力のプロセスをしっかりと評価してくれることがクリニコの特徴です。「その努力を次へ生かそう」と前向きに考える社風なので、各営業所の雰囲気も非常にアットホーム。こうした環境があるからこそ、営業として「また次の目標に挑戦していこう」という意欲が湧くのだと思います。

pagetop

Copyright © CLINICO CO., LTD. All Rights Reserved.