クリニコとは?社会とともに
取り組んできた活動

枚方市役所とのフードロス事業の取り組み

賞味期限まで期間があるものの、流通にのせることができず消費者のもとへ届かない商品(エンジョイクリミール:10,776パック)を、フードロス削減の取り組みの一環として枚方市へ寄贈。市内の高齢者・障害者福祉施設へ配付し、施設で働く職員や利用者の栄養管理に役立てていただきました。本取り組みを通じて、SDGsの理解促進を図るとともに、受入施設の皆様など、 関わってくださった全ての方の笑顔につながればと考えています。
(実施年度:2021年11月)

一般社団法人キャンサーペアレンツとの共同取り組み

一般社団法人キャンサーペアレンツと共同し、がん患者さんを対象とした座談会を実施しました。テーマは、『がん患者さんの食事と栄養に関する意識調査』の結果をもとに、『食欲不振』と『栄養・食事に関しての情報源・相談場所』のふたつです。がん治療による食欲不振や栄養・食事に関する相談先は、まだ少ないという現状があります。栄養補助食品を取り扱うメーカーの使命として、製品のおいしさの追求はもちろん、栄養に関する情報を患者さんへとお届けできるよう取り組んでいます。また、栄養補助食品をもっと身近に感じ楽しんで食べていただけるよう、レシピコンテストも実施しました。
(実施年度:2021年9月)

一般社団法人キャンサーペアレンツについて

キャンサーペアレンツは、子育て世代、働く世代のがん患者の「声」を世の中へ発信し、がんになっても生きていきやすい社会の実現に向けて、活動を行っています。

仙台市薬剤師会との連携協定

公益社団法人仙台市薬剤師会と「フレイル・サルコペニア予防対応事業」における連携協定を締結。
仙台市薬剤師会と協働で、『高齢者の食生活』をテーマにした研修会を実施しました。
高齢者の食生活は、疾病予防や重症化予防として重要な意味合いを持ちます。
研修会を通して、食生活の大切さを発信することで、地域高齢者の健康づくり推進にも貢献しています。
(実施年度:2019年7月より)

クリミール・スポーツキャラバンの取り組み

「クリミール・スポーツキャラバン」は、さまざまな医療・介護の現場に元スポーツ選手が訪問するプロジェクトです。入院中、通院中の方とそのご家族を対象に、架空球団(クリミールスマイルズ)のユニフォームを着用し、入団会見風のイベントを体験していただくものです。現役時代のエピソードをはじめとしたトークショーや時代を超えて、憧れを抱いた選手との交流を通して、非日常の「感動体験」と参加者の方に「笑顔」をお届けすることを目的としています。毎回、参加者が集った会場は、 たくさんの笑顔で溢れています。
(実施年度:2019年9月、2019年11月、2020年1月)