介護食とは?種類や市販品のメリットを紹介

  • 介護食
    #介護食 #加齢 #嚥下

    噛む力や飲み込む力が弱まってしまうと、どうしても食事をとるのが億劫になってしまいます。
    そのような方に向けて作られたのが介護食です。
    本記事では介護食とはどのようなものか、その種類や市販品のメリットについてご紹介していきます。

  • 介護食とは?種類や市販品のメリットを紹介

介護食とは

介護食とは、噛む力や飲み込む力が弱まってしまった方でも食べやすいように、調理方法が工夫された食事のことを指します。
筋力低下や歯や口の機能の衰えなどが進行すると、これまで普通にとっていた食事が食べづらい・飲み込みづらいと感じるものです。
これが原因となり「食欲低下」や、気管に食べ物が入ってしまう「誤嚥(ごえん)」を引き起こしてしまうことがあります。
通常の食事が食べられなくなってしまった場合でも、安心安全に食事を楽しむことができるよう、介護食にはさまざまな工夫が施されているのです。

介護食の種類

介護食の種類には、やわらかく煮込んだもの・ミキサーにかけてすりつぶしたもの・ペースト状にしたもの・ゼリー状にしたものなど、さまざまなものがあります。
噛む力や飲み込む力はそれぞれ異なるため、一人ひとりの状態に合わせて食材の大きさ・形・硬さなどを工夫して作ります。
日頃からその人の噛む力や飲み込む力を観察し、「どのような種類の介護食であれば無理せずに食べられるのか」を見極めておくことが重要です。

介護食の区分

噛む力や飲み込む力が弱まってしまった方を対象とした、介護食に関する基準の1つとして日本介護食品協議会による「ユニバーサルデザインフード」があります。
市販品の介護食を選ぶ際には、こちらに記載されている区分表示を参考に、食事をとる人の噛む力や飲み込む力に合った食品を慎重に選ぶのも良いかもしれません。

市販の介護食を利用するメリットとは

噛む力が弱くても食べられるよう柔らかく煮込んだり、飲み込みやすいようとろみをつけたりと、通常の食事を作ることに比べると、介護食を作るのには手間・時間がかかってしまうものです。
市販の介護食を利用することは、介護をする人の負担や手間を軽減させるメリットがあります。
また、市販の介護食の中には、不足しがちなエネルギーやたんぱく質などの栄養素を補えるものもあるため、うまく組み合わせるのがいいでしょう。

おわりに

本記事では介護食とはどのようなものか、その種類や市販品のメリットについてご紹介しました。
体調が良くない時・ほかの仕事に追われている時・外出の予定がある時などは、介護食を一から作る時間がとれないこともあるかと思います。
市販の介護食であれば時間が無い時もすぐに介護食を準備することができるため、ぜひ利用してみてくださいね。

監修:クリニコ認定栄養ケア・ステーション