高齢者に必要な栄養素とは?栄養補助食品についてもご紹介

  • 栄養補助食品
    #栄養補助食品 #介護食 #加齢

    加齢に伴い、からだの筋力や免疫力が低下したり、食事に対する関心が薄れたりすることで、必要な栄養素を摂取できずに低栄養になってしまう方がいらっしゃいます。
    本記事では高齢者に必要な栄養素はどのようなものか、また、足りない栄養素を補える栄養補助食品についてもご紹介していきます。

  • 高齢者に必要な栄養素とは?栄養補助食品についてもご紹介

高齢者は栄養が不足しがち

高齢者は栄養が不足しがちだと言われています。
理由のひとつとして、体力(筋力)や気力の低下などが挙げられます。

体力の低下

高齢になると筋力が低下し、何の行動を起こすにしても億劫に感じる事が増えると言われています。
運動などの活動時間が少なくなると消費するエネルギーも減ることから食欲が湧かなくなったり、噛む・飲み込みなどの摂食嚥下機能も低下することから食事の品数・回数が減ったりすることは決して珍しいことではありません。
また交通の便が良くない地域に住んでいる場合、買い物に出かける回数も減ってしまい、保存期間の長いレトルト食品や缶詰などの食品に頼ることが多くなり、栄養に偏りが生じてしまう可能性もあります。

気力の低下

精神的ストレスが、食欲減退につながることもあります。
加齢に伴って身体的な衰えを感じる、人との関わりを持たなくなることで生じる孤立感などがストレスの原因としても多いようです。
料理の味が変わってしまったり、同じものを何度も購入したりといった行動から、行動に自信がなくなり、塞ぎ込んでしまうケースもあります。

高齢者に必要な栄養素

高齢者に必要な栄養素


上記にお示ししたようなことやその他様々な要因から、高齢者は「低栄養」になりやすいと言われています。
低栄養とは、からだに必要なエネルギー・各種栄養素が不足している状態を意味しています。
生きるために必要な1日のエネルギー量をしっかりと摂取することはもちろん、基本的な栄養素をバランス良く摂取することも意識しなければなりません。
高齢者に必要な栄養素として代表的なのは、「糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・カルシウム・食物繊維・鉄分・亜鉛」など、からだに必要なのはバランスの良い食生活です。
低栄養を予防するには、その中でもとくにエネルギー源となる「糖質・脂質」と「たんぱく質」を積極的にとる必要があります。

高齢者が低栄養にならないための予防法は?

低栄養を予防するには、主食・主菜・副菜をバランス良く食べることが大切です。
「昨日はきちんと食べたけど今日は食べない」など不規則な食事習慣は避け、少量でも良いので「毎日3食食べる」ことを習慣にしていきましょう。
「少量しか食べられない」という場合、おやつを取り入れることもおすすめです。

高齢者の場合、「食べやすい」ということも重要な食事要素の一つです。
食べ慣れているもの・好みの味つけ・慣れている調理法でできるなど、「食べやすい」と感じる食事を意識してみましょう。

「楽しみながら食事する」ということも同じくらい大切なことだと言えます。
おいしいものをおいしい時期に食べるため、「旬」を意識して食材を選ぶことや、季節の行事を取り入れて食事の献立を考えるなど、楽しみながら食事を行える工夫をしましょう。

しかし、そうは言っても食事だけでは必要な栄養素を摂取できないこともあるため、栄養補助食品をうまく活用することも大切です。
少量でエネルギーやたんぱく質などを摂れるものや、味の種類が豊富なもの、食べなれた味のものなど、食べる方が抵抗なく食べられるように工夫されたものもあります。
どのような栄養素が含まれている栄養補助食品が良いのかについては、食事の現状を医師や専門職の方に相談し、アドバイスをもらうようにしましょう。

栄養補助食品で足りない栄養を補う

栄養補助食品で足りない栄養を補う


食が細くなったり、噛む・飲み込みなどの摂食嚥下機能が衰えるなどの理由から、「食べること」自体を負担に感じてしまうと食事に対する関心は一層薄れ、栄養バランスが崩れた状態が続いてしまうでしょう。

「栄養補助食品」は、そんな1日に必要な栄養素を食事だけで摂取することが難しい場合に用いられる食事を補助する食品です。
食事だけで1日に必要な栄養素をバランスよく食事から摂取できている場合、栄養補助食品を用いる必要はありません。
栄養補助食品には、すべての栄養素をバランスよく摂取できるものや、タンパク質、各種ビタミンなど特定の栄養素だけを補助することができる製品もあります。
また、液体・ゼリー・粉末といった形態で選んだり、イチゴ味やコーヒー味、豆腐味など好みにあった味を探すこともできます。


加齢に伴い「最近、体重が減ってきた」「栄養に偏りを感じる」という場合は、栄養補助食品を取り入れてみてはいかがでしょうか?

                     

おわりに

本記事では高齢者に必要な栄養素はどのようなものかについてご紹介しました。
高齢になると体力・気力の低下などの理由から、食欲不振・低栄養になりやすいと言われています。
低栄養になる前に毎日の食事内容や食事習慣を見直すようにし、必要に応じて栄養補助食品を活用しましょう。

監修:クリニコ認定栄養ケア・ステーション